トリプレッタ サッカー クラブは、千葉県松戸市を拠点にジュニアチーム・ジュニアユースチームで活動しています。

Club introduction

クラブ紹介

クラブ概要

クラブ名称
特定非営利活動法人 トリプレッタスポーツクラブ(NPO法人)
代表
石井 達也
副代表
石井 智也
名称由来
トリプレッタ(TRIPLETTA)イタリア語で、ハットトリックという意味を表し、沢山の点を狙い、いつでも攻撃的なサッカーを目指していくチームを意味する。
※.ハットトリック:1試合で一人の選手が3得点以上すること。
また、1990年のワールドカップイタリア大会が開催された年に設立されたこともあり、イタリア語を用いた。
設立年度
1990年(クラブ設立)2010年6月 NPO法人トリプレッタスポーツクラブとして設立
所在地
千葉県松戸市
活動内容
園児から6年生までの子ども達ジュニア、中学生のジュニアユース、千葉県サッカー協会・松戸市少年サッカー連盟・東葛地区少年サッカー連盟などにも登録して公式大会などにも参加しています。

また、地域との密接な関係を大切にし、積極的にボランティア活動にも参加しています。
活動場所/拠点
松戸市立和名ヶ谷小学校・松戸市立相模台小学校・松戸市立大橋小学校など
基本理念
当クラブは

【個】と【和】の大切さをジュニア年代からしっかりと学ばせ、サッカーを通じて
【個】の技術(スキル)を高めるだけでなく、
【和】の重要性(人との繋がり)仲間を思いやる心をいかに高めるかという事に重点をおいて指導を行っています。

サッカーはチームプレーのスポーツです。【個】と【和】が融合して1つのチームが成り立ちます。

その中で、「楽しさ」「悔しさ」などを仲間と一緒に経験させてあげたいと思っています。
指導方針
【幼児・低学年】
個でボールを触れる時間を多くしたいので、ドリブルを中心とした、対人練習など徹底的に個にこだわる指導。
※参加大会
松戸市内大会(年2回)・各招待大会(県外あり)・トレーニングマッチ(県外あり)など

【高学年】
各カテゴリーごとのチーム活動を通して、サッカーの理解を深め、個の技術とチーム戦術を融合させ、次ステージ(中学生年代)に繋げられるような指導。

※参加大会
松戸市内大会・東葛地区大会(3・4・5・6年)・千葉県大会(4・5・6年)各招待大会(県外あり)・トレーニングマッチ(県外あり)など

【ジュニアユース】
ジュニアユース(中学生)時期を基本技術と心の育成を大切にし、ユース(高校生)年代に繋げられるように指導しています。
以下の四点を重視して指導しています。
  1. 【テクニック】
    サッカーは判断のスポーツです、ドリブル・パスと状況判断を伴う技術とボールを止める・蹴る・運ぶ・奪うと基本的な技術が必要です。
  2. 【観ること】
    試合では必ず相手がいます、どのタイミングでどこを観ることができるか。
  3. 【関わること】
    サッカーは11人でひとつのボールを奪い合い、ゴールを奪うスポーツです、そのひとつのボールにどう関わっていくことができるか。

以上の3点を重視しながら日々トレーニングしています!
さらに
  1. 【人間形成】
    ジュニア時代と違い、大人への入口になる年代、心と身体のバランス必要です。
    サッカーだけではなく、様々な悩みを保護者の方々と一緒に共有しながら成長してくれることを望んでいます。
所有車両
当クラブでは『29人乗りマイクロバス』2台と、『15人乗りバス』1台を所有し、平日・週末と送迎しながら活動しております。

クラブ沿革

2016年

  • 11月 全日本少年サッカー千葉県大会優勝※全国大会出場
  • 3月 千葉県U13リーグ1部昇格

2015年

2014年

  • 12月 千葉県4年ブロック大会優勝
  • 3月 千葉県U13リーグ2部昇格

2013年

2011年

  • ジュニアユース立ち上げ
  • 6月 NPO法人取得

2010年

2009年

  • 8月 東関東5・4大会優勝
  • 7月 千葉県5・4年選手権優勝(夏)
  • 千葉県サッカー連盟加盟4種
  • 11月 千葉県4年ブロック大会優勝(冬)

2008年

2007年

  • 東葛地区サッカー連盟加盟
  • 11月 東葛3年生大会優勝(以後5連覇)
  • 松戸市サッカー連盟加盟4種

2001年

1994年

  • ジュニアスクールスタート
  • 3月 チーム設立(社会人1種)
  • 千葉県サッカー協会・松戸市サッカー連盟に加盟登録

1990年

SITE SPONSORS

スポンサーリンク
スポンサーリンク